お金持ちの習慣とは


お金持ちの習慣とは

ここではお金持ちの習慣について解説ていきます。

お金持ちになる人には共通の習慣があります。

 

お金持ちが実行している習慣を参考にする事でお金に対する考え方が変わるでしょう。

 

お金持ちだけが意識せず行っている習慣とはなんでしょうか。

順にみていきましょう。

お金持ちは常にチャレンジをしている


お金持ちは常に何かにチャレンジしています。

止まっている事が嫌いで、現状維持をマイナスだと考えます。

 

自分を成長させる事が、結果としてお金に繋がる事と知っているのです。

 

お金持ちの社長には、

・ジム通い

・ランニング

・水泳

 

など身体を鍛える事が趣味の人が多いのも納得できる話です。

 

人は他人より優れていると優越感を感じます。

お金持ちの社長はジムに通ったり、ランニングをする事で他人より優れていたいのです。

 

お金持ちの多くは、普通の人よりも優越感を強く好みます。

 

「人より優れていたい」その思いが結果としてお金持ちを生むのです。

人より優越する為には努力をし、何かにチャレンジしなければなりません。

 

この当たり前の行動を無意識の内に習慣化しているのがお金持ちです。

 

より多くのお金を稼ぐ為には、稼げると思ったらすぐにチャレンジしなければなりません。

 

お金が全てと書くと響きが悪くなりますが、

お金持ちは、普通の人と比べると常に自分を進化させているのです。

お金持ちはお金を誰よりも愛している


このサイトで何度も言っている事ですが、

お金の数には限りがあります。

そのお金を皆で取り合っているわけです。

 

より多くのお金を手にするには人よりも数倍お金に執着しなければなりません。

お金に執着するというのは、お金の稼ぎ方にこだわると言う事です。

 

お金持ちは他人よりお金を愛しているので、

どうにか自分の元にお金が転がり込む仕組みを作るわけです。

 

お金が自分の元に転がり込んで来るようにするには、

お金の勉強を沢山しなければなりません。

 

弁護士が法律に詳しいように、

お金持ちはお金のすべてを知っています。

 

お金を愛する事で、誰よりもお金の勉強をし稼ぐ仕組みを作るのです。

お金持ちはそれが「投資」か否かを瞬時に見極める


お金持ちは、お金の無駄な使い方をしません。

お金持ちはお金持ちになる為だけにお金を使ってきています。

 

簡単に言うと「浪費(無駄遣い)」と「投資」の違いを明確に理解しているのです。

 

浪費(無駄遣い)とは、お金を支払った以上のリターンが得られない事を言います。

一方、投資は使った以上の見返りが(結果)お金で返ってくる事を言います。

 

私は以前、使いもしない100万円以上する英語教材を購入した事があります。

この英語教材は、話題になっている割には情報が少ない物でした。

情報が少ないのは高額な商品の為、買う人が限定されているからです。

 

私は英語を学ぶ目的ではなく、その中身を世に発信する為だけにその教材を購入しました。

 

教材の中身や実際に使用した感想などをネットで発信して行く事で結果として、購入した金額の倍以上の収入を得る事に成功しています。

 

他には学生時代の話になりますが、数百円で購入したTシャツに自分でプリントし、それを1万円以上の価格で販売していた事もあります。

 

原価1000円もしない洋服を何枚も作り、10倍近い値段で販売していたのです。

プリントする機会やTシャツを購入するのに数十万円しますが、元をとっているわけです。

これも投資の一つです。

 

不動産の場合、自分で住む家を購入した場合は浪費になりますが、

人に貸し、家賃収入を得るなどをした場合は投資になります。

 

お金持ちはお金を積極的に投資し、お金を稼いでいるのです。

お金持ちは常に儲け話を探している


お金持ちは常に儲け話を探しています。

お金が転がり込んくる「何か」は無いか?と常に考えているのです。

 

私は過去に株で大きく儲けた事が3回あります。

 

・リーマンショック

・政権交代

・大地震

 

このような大きなニュースが起きた時に大儲けをしました。

 

リーマンショックにしても政権交代の時も、大地震が起きた時も

まず私の頭に過るのは「株を買うチャンスが来る」と言う事です。

 

大きなニュースが起こると市場は必ず反応します。

大抵の株は大暴落するのです。

 

株は安い時に買って高い時に売ると言うセオリーがありますが、私は株価が暴落した時にはチャンスだと思い株を大量購入します。

 

私の周りのお金持ちもこのようなニュースが起きた時には必ず株を仕込みます。

結果、私も含め皆儲けています。

 

お金持ちは常に儲ける事を考えているので、何か起きた時にすぐに行動に移せるのです。

妥協しない


お金持ちは「とことんやる」と言う事が習慣化されています。

 

お金持ちは稼ぐために、過去に必ず「何か」に打ち込んで来ています。

それも並大抵の取り組み方ではなく、とことん自分が納得するまで一切妥協していません。

 

稼げると思った時の取り組み方には凄まじい物があります。

お金持ちは「他人と同じような努力ではお金持ちにはなれない」と言う事を知っているのです。

 

お金持ちになりたいと思う動機は人それぞれですが、現状脱却を望む人が多いはずです。

 

現状を脱却する為には大きく動かなければなりません。

今の状態で来てしまっているので、大きく動くのは大変な事です。

頭では「何かしなくては」と思っているものの、いざ行動に移せる人はそうはいません。

 

しかし、それではいつまでたっても現状のままです。

 

現状を変える為にはどのような行動をとれば良いのか、その答えが出るまで考え続け、答えが出たらそれに本気で取り組まなければなりません。

 

成功した人の努力話を聞けば、「それは成功して当たり前だ。」と納得するものばかりです。

 

お金持ちになる人は、妥協せず、努力し続けられる人ばかりなのです。

お金持ちは約束を守る


お金持ちは人からの信頼がいかに大切な事かを知っていますので、信頼が厚い人が多くいます。

それはお金持ちになる前からそのような行動をとっているからです。

 

お金持ちは、成功する為には良好な人間関係が重要だと考えています。

ここで言う「良好な人間関係 = ただの仲良し」とは別の話になります。

 

「あの人は仲良しだから信頼出来る」と言う思想があると経済的に成功する事は難しいでしょう。

 

お金持ちは「遅刻」する事を嫌います。

 

もし、相手に遅刻されるとその間に何もできなくなってしまいます。

過ぎてしまった時間は何をどう足掻いても取り戻す事は絶対にできません。

 

お金持ちは時間を大切にしていますから、

無駄な時間に稼げたであろう利益を考えます。

 

遅刻という行為は相手から時間だけでなく、さらに得られたであろう利益を奪っている行為なのです。

 

時間に対してルーズな人とは付き合ってはいけません。

時間を気にしない人言うことが毎回変わる人の相手をしていると時間を膨大に消費します。

 

会議をするにしても言うことが毎回変わる人がいると、

1度で終わったであろう会議を2回、3回行わなければなりません。

 

このような事が1ヶ月、半年、1年続くと、

いかに時間を消費しているかが分かります。

 

若い段階でこの法則を意識し、時間に対する意識を変える事でその人の、今後の成長に大きく影響します。

 

毎回遅刻して来る人を信頼するのも難しく、言うことが毎回変わる人も信頼する事ができません。

 

お金持ちは時間に対する習慣や相手の言葉を無意識に信頼の判断材料にしているのです。