カイバーネットワーク(KNC)の価格と特徴や予想


カイバーネット

仮想通貨KNC(カイバーネットワーク=KyberNetwork)について紹介していきます。そもそもカイバーネットワークとはどのようなシステムなのでしょうか。

KNCと言うコインの特長についてまで解説していきます。

カイバーネットワーク(KNC)の価格や将来性などについて

カイバーネットワーク(KNC)とは


カイバーネットワークは、デジタル資産を第三者機構の承認も登録も必要なしに瞬時に変換出来る新しいシステムです。

 

取引後にすぐにブロックチェーンに加わりますので、

ハッキングの心配がないのも特長の一つです。

 

さらにはカイバーネットワークを通す事で好きな通貨に変換して買い物までも行えます。

実用的な交換を構築したり、商人やユーザーに簡単にトークンを簡単に変換するための支払いAPIを提供するなど、いくつかの便利なアプリケーションを提供するオン・チェーンの分散型交換機KyberNetworkを導入しています。注文書はありません。ユーザーは、トランザクションを送信する前にコンバージョン率を把握し、対応する金額を受け取ることができます。ユーザーは追加料金を支払っていません(取引のガス料金以外)。KyberNetworkは、コンバージョン率の合理的な普及を価格設定することで利益を得ています。

引用:バイナンス

カイバーネットワークの(KNC)の特長


カイバーネットワークの特長をそれぞれみていきましょう。

カイバーネットワーク(KNC)は分散型資産

お金持ちになる方法

簡単に言えば、カイバーネットワーク(KyberNetwork)は分散型資産です。

暗号化された資産間の変換を瞬時に行います。

 

カイバーネットワークのサービスを通じる事でユーザはトークンを一度だけの取引で受け取りを希望している受取人にトークンを送ることができます。

 

それだけでなく、特定のトークンを受け入れるウォレットが既存のトークンだけでなく将来のトークンを受け取りが可能になる新しいシステムを導入していきます。

(JaxxはREP、GNTなどを受け入れますが他は受け入れません)

 

トークン契約コードを変更する必要がない為、受取人は支払いがカイバーネットワーク経由である事がわからないのも特長の一つです。

次世代の分散型交換およびチェーン決済サービス

お金持ちになる方法

イーサリアムが最初に導入されたとき、多くの方がイーサリアムが最大のシステムになっていくと予想していました。

 

現時点では、イーサリアムの時価総額はすでにDigix、Gnosis、Golem、Melonportなど数多くの分散型アプリケーションのホストとともに300億ドルを超えています。

 

ブロックチェーンスペースにDAppsが出現したことで、ICO(initial coin offering)現象が再開されました。

 

この事は新興企業がトークンセールスに基づいて資金調達を行い、プロジェクトのさらなる開発に資金を出資している事を意味します。

 

ICOを通じ、企業や組織は、暗号資産をトークンとして一般に公開してきました。

 

これらのトークンは、ブロックチェーンテクノロジによって取引を可能にする新しいデジタル資産です。

 

カイバーネットワーク(KyberNetwork)もその一つです。

スピーディでセキュリティが高いカイバーネットワーク

お金持ちになる方法

スピードとセキュリティの高さが他のシステムと異なる点です。

 

カイバーネットワーク(KyberNetwork)は注文が行われたと同時に、ブロックチェーンに書かれますので、時間が大幅に削減されます。

 

このシステムは、ハッキングによって悪用される可能性のある取引をブロックしてくれます。

 

カイバーネットワークを通じて資産を変換する事によりセキュリティ面を大幅に強化してくれます。

 

システム上、カイバーネットワーク(KyberNetwork)はユーザーのトークンを保持しないので注文は強制的に瞬時に行われるのでトークンのハッキングを防ぎます。

 

瞬時に行われる取引は以下の2つのシステムにより可能になっています。

 

1、適切な量の暗号トークンを保持する独自の予備倉庫を活用している。

2、カイバーネットワークオペレーターが直接関与する事もあれば、他のリザーブ・マネージャーが取引を行う事もある。

 

取引はすべてのトークンペアに対して独自の価格が設定可能です。

トークンAからトークンBへの変換要求がある場合、カイバーネットワークのオペレータは最も良いレートを選択しています。

 

またカイバーネットワークはチェーン上で稼動しているので、全ての取引を瞬時に承認する事ができます。

 

更にはスマートコントラスト上ではすべてのシステムで作動可能です。

第三者機構を介せず送信者と受信者の間で注文が行えるので契約形態やイーサリアムの基本システムを変更することなく、ユーザーは好きな種類のトークンを送受信できます。

カイバーネットワーク(KNC)のまとめ


KNC 仮想通貨

【信用と安全】

すべての操作はスマートコントラストにて行われます。心配はいりません。カイバーネットワーク(KNC)は決してユーザーの資金を保有しません。

 

【高品質】

 

カイバーネットワーク(KNC)は高い流動性を提供するために全てのトークンと取引可能です。

 

【インスタントトレード】

デポジットは不要で承認に時間を費やしません。

取引がブロックチェーンに含まれるとすぐに手元にトークンが入ります。

 

【互換性】

 

既存のスマートコントラストと互換性があります。

わざわざカイバーネットワークと統合する必要はありません。

KNC 仮想通貨

【交換】

ユーザーのトークンを安全かつ即座に変換、交換が可能です。

 

【代金支払い】

自分のトークンから任意のトークンに誰にでも支払いが可能です。

変換を行い、支払いをスムーズに行えます。

 

【デリバティブ】

価格変動を心配しないでも最良の価格設定で取引されます。

 

【クロスチェイン支払い】

イーサリアムやビットコイン、他の暗号化された通貨から支払いが受け取り可能です。

カイバーネットワーク(KNC)の開発者


ロイルー

カイバーネットワークのCEOはロイ・ルーです。

スマートコントラストやセキュリティや、分散資産などに取り組んできた方です。

またビットコインやイーサリアムの研究会でも定期的に招待されスピーチを行ってきました。

 

ロイ・ルーは、Ethereumのスマートコントラストの最初のオープンソースセキュリティアナライザ「Oyente」を開発しています。

 

更には既存のマイニングプールの分散化を取り入れたもう一つのオープンソースプロジェクトである「SmartPool」も共同設立しています。

カイバーネットワーク(KNC)の今後の価格、将来はどうなる


カイバーネットワークは今後様々な起業が導入していくシステムだと予想されています。

 

価格はカイバーネットワーク(KNC)が上場した2017年9月25には1コイン0.0007BTCと言う高値でスタートしています。

 

その後2017年12月4日では最安値の1コイン0.0006305BTCまで下がりました。

カイバーネットワークの価格について

現在はカイバーネットワークのシステムの完成度の高さから期待され買いが増えており価格は徐々にですが高くなってきています。

結局、カイバーネットワーク(KNC)の価格は今後上がるのか


投資の価格についてはそれが1分後に値上がるか、値下がるかは誰も分かりません。

 

カイバーネットワーク(KNC)の今後の価格は残念ながら誰も知るすべはありません。

 

価格が上昇するか、下落するか、または消滅するのかは予想しか出来ません。

 

カイバーネットワークのシステムの完成度は高く、革命を起こすとも言われているのは事実です。

 

KNCによって革命が起こるとすればたちまち価格は高騰していくでしょう。

 

現在はまだまだ安い値段で購入できるので一獲千金を狙って購入してみるのも一つの手です。

 

投資はあくまでも自己責任で行いましょう。

 

大きく値上がる事もあれば、下落し続けると言う危険もあると言う事を理解した上で取引しましょう。

 

カイバーネットワーク(KNC)はバイナンスと言う海外の取引所で購入できます。

 

バイナンスの登録方法の詳細はこちらをご参考下さい。

 

【バイナンス公式サイト】