リップル(Ripple)の価格や特徴・将来性について


仮想通貨リスクについて

仮想通貨リスク(LISK)はビットコイン2.0と呼ばれる次世代の仮想通貨になります。

 

ビットコイン2.0と呼ばれるだけあって、ビットコインよりも新しいスマートコントラストと言う技術を用いているのが特徴です。

 

スマートコントラストを直訳すると「賢い契約」と言う意味になります。

この技術はイーサリアムと言うビットコインについでメジャーな仮想通貨に用いられた事で有名になりました。

 

仕組みは、ブロックチェーン上で契約と債務履行を第三者を通さずに同時に行い、売買契約を証明してくれるものです。

 

スマートコントラストを用いる事で契約が自動化となり素早く対応できるのです。

 

ここまではイーサリアムでも用いられている技術ですが、リスクにはイーサリアムには無い技術まで持ち合わせています。

 

それがサイドチェーンと呼ばれるものです。

 

アプリ上にブロックチェーンがもう一つ用意されていて、何かあった時に開発者がコントロール出来るようになっています。

 

イーサリアムはかつてハッキングに合い、安全性が疑われました。

それに対抗して出来たのが仮想通貨リスクです。

 

尚リスクの通貨単位は「LSK」を用います。

※リスクはレート上はLSKなので、リスク/円はLSK/JPYと表記されます。

 

リスク(Lisk)の魅力はまだまだ価格が安い事です。

※2017年1月上旬現在で1LSK=2,400円台

リスクが取引出来るようになったのは2016年5月24日で、まだ新しい通貨なのです。

 

誕生したのも最近なのでこれからまだまだアップデートが期待されています。

 

なお、アップデートの情報があると基本的にその通貨の価格は上がります。

 

多くの投資家は、アップデートや大手企業が各仮想通貨と提携するなどのイベントを期待して購入します。

 

リスク(LISK)は1年間で約158倍の伸びを見せています。

※2016年12月~2017年12月

 

そんなリスク(LISK)はまだまだ価格が上昇していくのでしょうか。

 

仮想通貨リスク(LISK)について徹底的に解説していきます。

 

【リスクが取引出来る口座はこちら】

リスク(LISK)とは


リスクは2016年5月に公開された仮想通貨ですが、公開された数日後には50円を突破するなど異例な値上がり方をしています。

 

それだけリスクは投資家達に期待されていて、それが数字になって表れたのです。 

リスクの代名詞となったスマートコントラストを使ったサービス開発は現在も行われていて今でも期待が高まっています。

 

マイクロソフトと提携した事も大きな話題を呼びました。

Liskは分散型アプリケーションプラットフォームです。プラットフォーム内で利用出来る通貨名を「LISK(LSK)」といいます。Liskには3つの特徴があり、一つ目はスマートコントラクト(契約情報)の記述言語に、web技術でメジャーな「Javascript」を採用していること。二つ目はアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用していること。三つ目は、DAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムを開発者が自由にカスタマイズできることです。

リスク(LISK)の特徴


リスクはLisk(リスク)と呼ばれる分散型アプリケーションプラットフォームプラット内で使用される仮想通貨の事を言います。

 

リスクは主に以下の2つの点で注目を集めました。

 

・サイドチェーンの使用

・開発にはJavascriptを言語を採用している

 

 

システムは、

ユーザーがブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くわけではなく、

DApps(分散型アプリケーションの略)によってブロックチェーンを立ち上げ、コードを書き込むようにしています。

 

DAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムは開発者が自由に変更出来るという点に大きな特徴があります。

 

承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代替となるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更が可能です。

Liskプラットフィーム内で使用可能な仮想通貨の単位は「LSK」で、総発行枚数は無限(インフレ通貨)です。JavaScriptという言語を使用しています。LiskのDApps開発者は、取引の承認者を選び、承認者には取引手数料に加え、新規に発行されるLSKが報酬として与えられます。Bitcoinでは取引を承認し通貨を得ることをマイニング(採掘)といいますが、Liskではフォージング(鋳造)と呼びます。1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロック、・・・と1年に1LISK/ブロックずつ減少し、5年目以降は1LISK/ブロックが報酬となります。

リスク(LISK)の開発者


リスク社のCEOはマックス・コーデックと言う青年です。

 

マックス・コーデックは、革新的な技術を生み出した起業家です。

 

ブロックチェーン業界で豊富な経験を持ち、ブロックチェーンベースのアプリケーションの可能性を感じLiskを共同設立しました。

 

2016年初頭にクラウドファンドで14000のBTCを収集したときに注目を集めJavaScript開発者向けのブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを開発しました。

リスク(LISK)の今後の価格、将来はどうなる


仮想通貨で気になるのは、その通貨の今後の価値です。

リスクは今後値上がるのでしょうか。

他の通貨のように突然高騰する事はあるのでしょうか。

 

投資に関しては1分先の価格がどうなるかすら、誰も分かりません。

リスクがあるからこそ、リターン(報酬)があるのです。

 

リスクの1年間の値動きを見てみましょう。

リスクの1年間のチャート
リスクの1年間のチャート

上記は2016年1月から2017年1月の1年間のリスクのチャートです。

 

スタート時点では1コイン18円程度だったのですが、1年間で2900円程まで値上がっています。

リスクは1年間で約161倍にまで跳ね上がっているのです。

 

仮に100万円分リスクを購入していれば、1億6千百万円になっているのです。

 

仮想通貨が出始めた頃は、

「いつか駄目になる」

「0円になる」

「価値がなくなるから投資できない」

などと多くの批判的な声がありました。

 

2016年初めに投資していた人はそのようなリスクを承知しながらもリターンを期待して投資した結果が161倍と言う報酬になっているのです。

結局、リスク(LISK)の価格は今後上がるのか


仮想通貨リスク(LISK)の価格が今後どうなるかは誰も分かりません。

しかし、他の仮想通貨と比較してみるとリスクは現時点ではかなり安い価格で買える事は間違いありません。

 

参考までに他の仮想通貨の価格を見てみましょう。

仮想通貨LISKの価格は今後上がるのか
クリックで画像拡大

2017年1月上旬の現時点のリスク(LISK)の価格は2448.4円です。

ビットコイン=1,767,832円

イーサリアム=102,116円

イーサリアムクラシック=3673.9

ファクトム=7,019.2円

モネロ=43,921

オーガー=9063.0

ジーキャッシュ=64,788

ネム=146.77円

ライトコイン=29,298円

ダッシュ=132,055

ビットキャッシュ=310,313

リスクの2400円と言う価格は、ネムやリップルの次に安い価格になっています。

他の仮想通貨の価格は数万円~という物がほとんどです。

 

どの仮想通貨も初めは安い価格からスタートして数万円にまで達しています。

 

 

価格が安い仮想通貨は今後、爆発的な高騰が期待出来ます。

そのような点ではまだまだリスクも爆発的な高騰が期待できると言えます。

 

投資商品は将来の価格がどうなるかは誰も分かりません。

予想する事しかできないのです。

予想のプロのアナリストですら値動きをはず事もしょっちゅうです。

 

仮想通貨の魅力は爆発的に値上がる事です。

銀行に預けていても減りはしませんが大きく増える期待は出来ません。

 

銀行に100万円を1年間預けていても缶ジュース一本程の金利がつけば良い方です。

銀行にお金を預けているだけではお金は増えません。

 

その点で言えば仮想通貨は資産が大きく増える可能性があります。

勿論、高騰が期待出来る分、下落する可能性がある事を忘れてはいけません。

 

しかし少額でも良いのでまずは投資してみると良いでしょう。

上がるか下がるかは誰にも分かりませんが高騰すると言う夢を買えるのです。

 

それも物によっては100倍の高騰も期待出来ます。

実際にリスクも1年間で100倍以上の高騰がありました。

 

リスク(LISK)が購入できる口座はコインチェックです。

手数料も安く国内最大級の取引所なので安全性も高いのでオススメです。

 

これを機に仮想通貨投資をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

→コインチェック公式